MENU

名も知らずネタバレ全話!結末最終回で彩音と相馬は家族になれる?

当ページのリンクには広告が含まれています。
名も知らず ネタバレ

今回は、「名も知らずネタバレ全話!結末最終回で彩音と相馬は家族になれる?」を紹介していきます。

『名も知らず』は、オメガバースのヒューマンドラマで、自分を不幸に陥れたαとの再会で主人公の生活が一変してしまうというストーリーです。

かつて自分を不幸に陥れた男との生活の中で、娘の幸せか自分の自由か、生き方について考えさせられる作品ですよね。

彩音だけではなく相馬も苦しみを抱えているような気配があり、果たしてこの2人はどのような関係となっていくのでしょうか。

そこで今回は、「名も知らずネタバレ全話!」について調査しましたので早速見ていきましょう!

この記事で何がわかる?
  • 『名も知らず』ネタバレ全話
  • 『名も知らず』結末予想

2024年4月29日まで2巻無料
\ 70%OFFクーポン配布中 /

限定割引!275円➡︎83円

※クリックできない場合はクーポン配布終了

目次

名も知らず?ネタバレ全話

まずは、簡単に登場人物やあらすじについて整理していきます。

あらすじ

シングルマザーの彩音は、娘の鈴と質素ながら穏やかに幸せに暮らしていた。しかしある時、5年前に自分を襲った男性、αの人物と再会してしまう。引き寄せられるように父親に懐く鈴と、相馬と彩音の3人暮らしが始まった。

登場人物

七瀬 彩音(ななせ あやね)

Ω(オメガ)の主人公で、5年前に突如訪れた発情期によって、引き寄せられたαの男に襲われる。その時に妊娠し、無事生まれてきた鈴と2人で平穏に暮らしている。

相馬

α(アルファ)の男性で、5年前に発情のフェロモンに欲望を抑えきれずΩを襲ってしまった。今は医師となって勤務していた病院で、5年前のΩとその娘に出会ってしまう。

七瀬 鈴(ななせ りん)

彩音が5年前に襲われて身籠った子ども。彩音が大好きだが、初めて会った相馬にも懐いた。

これらを踏まえて、『名も知らず』の内容について見ていきましょう!

以下、一部ネタバレを含みますのでご注意ください。

名も知らずネタバレ1話

主人公の七瀬彩音は1人で娘を育てているシングルマザーです。

今から5年前、Ω(オメガ)である彩音はある冬の日に発情期を迎え、対処のしようがなく夜の公園で1人で戦っていました。

そこに通りすがりのα(アルファ)に襲われてしまい、子どもを身籠ってしまったのです。

しかもその時にαにうなじを噛まれてしまったことで、無理やり番(つがい)にさせられてしまったのでした。

そのことに絶望した彩音は、お腹に宿った命を見捨ててしまおうかとも思いました。

しかし今や、貧しいながらも娘の鈴と2人で暮らし、平穏で幸せな日々を過ごしていました。

ある日、鈴が発熱して病院に運ばれたと連絡を受け、病院に駆けつけます。

すると、あまり人に懐くことのない鈴が新しい先生にとても懐いていると聞き、不吉な予感を感じつつ見ると…

名も知らずネタバレ2話

不吉な予感の通りか、その先生は5年前に彩音を襲ったαでした。

αの相馬は、怯える彩音を心配する看護師を退出させます。

自分に懐いてきた鈴を、相馬は自分の子なのではないかと彩音に尋ねました。

彩音は必死に否定し、逃げるように帰宅します。

翌日、鈴の体調が万全ではないので休みをとって自宅で2人で過ごしていました。

お昼寝から目が覚め、ふと絢音が苦しそうなことに気がついた鈴は、1人で病院まで走ったのです。

そして相馬に助けを求めて…

名も知らずネタバレ3話

自宅にやってきた相馬は、鈴に対して自分が父親であると打ち明けていました。

そして目を覚ました彩音に対して、相馬は3人で暮らすことを提案したのです。

父親が現れ喜ぶ鈴に、彩音は相馬の提案を拒否することができず、3人で暮らし始めます。

鈴の前では明るく振る舞う彩音ですが、実際は自分を襲った男と一緒に住むなど耐えられるはずもなく、内面では精神的に追い詰められていきます。

そして、彩音に発情期が訪れてしまい…

名も知らずネタバレ4話

発情期がおとずれてしまった彩音から、甘い匂いが立ち込めて相馬は狂おしくなります。

彩音に手を伸ばそうとしてしまったその時、鈴に声をかけられ、我を取り戻したのでした。

そして救急箱から薬を取り出して、彩音に使用しました。

彩音を部屋に運び、鍵をかけて休むようにと伝えます。

部屋で休みながら、彩音は相馬から逃げる方法を考えていました。

考えついた方法とは、5年前と同じ状況を再現し、その証拠を元に相馬を脅すことでした。

再び相馬と体を重ねなければならないことに恐怖しつつ、準備を進めるのです。

そして計画当日、彩音は相馬の帰宅を待って…

名も知らずネタバレ5話

何も知らない相馬が帰宅すると、彩音は体が熱いと助けを求めてくるのです。

甘い匂いと誘惑に捉えられて、耐えきれなくなった相馬は彩音の計画に嵌ってしまいます。

隠しカメラを仕込み、計画がうまくいったと彩音が思った時、相馬が泣いているのでした。

その時に記憶が断片的に蘇り、必死に理性を保とうとする相馬の様子が脳裏に浮かび上がったのです。

翌日、鈴を迎えに相馬が家を出ている間に、相馬の父親だという男性が訪れてきました。

そして金は払うから相馬と離れてくれと言われ…

名も知らずネタバレ6話

相馬は「俺が彩音をどれだけ追ってきたか君には知らないだろう」という回想から始まります。

そして、その回想は5年前の話。

相馬は彩音のことを一方的に知っていて、片思いしていたのでした。

出会いは、大学の近くの書店で彩音はバイトでレジの対応をしていました。

相馬が歩いていると、バイトが終わりの彩音が出てきて先を歩いていたのです。

ふと彩音が桜を見上げていた姿を見て、相馬は一目惚れしてしまったのです。

それから相馬は彩音のバイト終わりを見計らってつけるようになりました。

実は、ある夜彩音が工事している公園に入っていくのを見て異変を察知した相馬は追いかけていくことに。

バレたらまずいという気持ちはありながらも、何かあったらマズイと思い急ぐと……

名も知らずネタバレ7話

『名も知らず』7巻はまだ配信されていません。

これまでの配信スケジュールからみると、2024年7月15日頃に配信される可能性がありそうです。

内容が判明次第、記載いたしますのでお待ちください。

名も知らずネタバレ最終回結末を予想!

予想:3人が本当に想いあった家族になる

相馬の名も知らずにつがいになってしまった彩音ですが、最終回結末ではハッピーエンドを迎えると予想します。

彩音が相馬から逃れるための作戦の中、断片的に蘇った記憶で、相馬は理性を保つことに必死になっていました。

ただ欲望に流されるのではなく、彩音を守るべきだという意思が本当はあったのですね。

そして再び体を重ねてしまった相馬は、涙を流していました。

彩音を単にΩとして性対象と見ているのではなく、女性として守ろうとする姿勢が伺えます。

しかし、勝手に鈴に父親を名乗り出たり、強制的に3人で暮らすなど、相馬の行動には彩音の意思を尊重する気配が感じられません。

相馬を怯える気持ちや、抱えてきた絶望などを受け止めて、お互いに理解し合うことができればハッピーエンドへと進んでいくかもしれません。

相馬の父親が現れたことで、2人の関係性に変化が現れるのではないでしょうか。

しっかりと向き合うことができれば、ハッピーエンドとして3人が本当に想いあった家族になれるのではないかと予想します。

まとめ

今回は、「名も知らずネタバレ全話!最終回結末で彩音と相馬は家族になれる?」を紹介していきました。

初めは彩音を襲った恐ろしい相手だと思われましたが、Ωの彩音だけではなくαの相馬もまた苦しい想いを抱えているようですね。

一緒に暮らしていてもまだ心は通っていませんが、お互いに心を開いて向き合えれば、幸せな結末が訪れるのではないでしょうか。

綺麗な絵柄で繊細な心の動きや心情が細やかに描かれているので、ネタバレで気になった方はぜひ漫画でも読んでみてくださいね。

以上、「名も知らずネタバレ全話!最終回結末で彩音と相馬は家族になれる?」と題してお届けいたしました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次